医療費控除と確定申告

妊婦健診や出産費は?医療費控除の対象とそうでないものまとめ【妊娠・出産と確定申告】

投稿日:2017年5月19日 更新日:

医療費控除をご存知でしょうか?

医療費控除とは、医療費が1年間で10万円を超えた場合に、確定申告をすることで税金が戻ってくるという国の制度です。

これはママ1人の医療費ではなく、家族全員分が対象です。

さて医療費控除とひとことに言いますが、何が対象で、何が対象にならないかって意外に難しいですよね。

例えば、妊婦健診は医療費控除に入るのでしょうか?出産時の入院費は?

国税庁HPに医療費控除の具体例の記載もあるのですが、記載のないものは迷ってしまいます。

ということで、今回は妊娠・出産にかかる費用のうち医療費控除の対象になるもの・ならないものをまとめました。



スポンサーリンク

妊娠・出産で医療費控除になるものまとめ

妊娠・出産でかかる費用は妊婦健診費や入院分娩費などたくさんあります。

ですので、年間の医療費が10万円以上になる可能性がとても高いです。

ここで、国税庁がホームページで医療費控除の対象と認めているものやそうでないものを見ていきましょう。

 

国税庁のHPで医療費控除の対象と認められているもの

国税庁HPに「医療費控除の対象となる出産費用」として記載してあるものです。

妊娠前と出産に関するものでわけてみました。

 

妊娠前

  • 補助分は差し引いた不妊治療・人工授精費用
    詳しくは国税庁HPをご参照ください。

 

出産に関して

  • 妊婦健診費用
    自治体の補助券の分は差し引いて支払った金額が対象となります。
  • 出産にかかった費用(普通分娩・帝王切開)
  • 入院・通院のための交通費
    公共交通機関を利用した金額。
    一般的に、公共の交通機関を使用した場合の通院費については領収書のないものが多いですが、家計簿などに記録するなどして実際にかかった費用について明確に説明できるようにしておきましょう。
  • 陣痛時に病院へ向かうために利用したタクシー代
    出産時のタクシー代はOKです。しかし、実家で出産するために実家に帰省する交通費は医療費控除の対象にはなりません。
  • 病院で出た食事代
    他から出前を取ったり外食したりしたものは、控除の対象にはなりません。

 

医療費控除が認められると回答があった出産関連費用

妊婦健診はもちろん、体調不良や風邪で通院した場合、また市販の風邪薬や目薬を購入した場合(「医薬品」と表示あり)も医療費控除の対象となります。

これくらいなら何となくわかりますが、出産に関わった費用のうち国税庁のHPに記載のないものはどうなのでしょうか?(*´ω`)

検索して調べてみても、いろいろな意見が溢れていてはっきりしなかったので税務署に電話で確認してみました!

結果、管理人が確認した範囲の医療費控除が認められる出産関連費用は以下の通りだそうです。

  • 骨盤ベルト(トコちゃんベルト)の購入代金
    産婦人科のお医者さんにすすめられた場合など、医師の指示があって買ったものなら対象になるとのこと。
    病院でも店舗でも、購入場所は問わないとのこと。
  • 産婦人科独自で行う任意の検査費用
    特定の性病検査やNST(胎児の心音監視装置)など、産婦人科が独自で検査する項目について支払った分は控除対象になるとのこと。
    また、自治体の妊婦検診の無料券で補われない検査の費用も対象になるそうです。
  • 母乳マッサージや母乳外来
    産婦人科のお医者さんにすすめられた場合など、医師の指示があって必要だから受けたのなら対象になるとのこと。
    例えば乳腺炎になりそうだから行った場合や、既に乳腺炎なので受診した場合などです。
  • 退院後2週間後の母子健診
    私が出産した産婦人科で行われていた健診です。
    退院後2週間したら、赤ちゃんの体重の増加やママの母乳やお産の傷の状態を確かめるために受診します。
    これについても、産婦人科の先生に「来てください」と言われたものに関しては医療費控除に含められるとのこと。
  • 1ヶ月検診の費用
    退院後に出産した産婦人科で受ける1ヶ月検診です。こちらも医療費控除の対象となります。
  • 個室費用(差額ベッド代)
    私が入院した際に希望していた部屋が空いていなかったため、差額ベッド代がかかる部屋に入院しました。
    こういった利用がやむを得ない場合には控除対象として認められるとのことでした。
    希望して個室に入院した場合は認められません。

私はトコちゃんベルトを購入したのでそれ以外の骨盤ベルトについてはわからないですが、話した感じではお医者様の支持があれば大丈夫な感じでした。

 

医療費控除が認めらない出産関連費用

ここからは、医療費控除が認められない出産関連費用についてです。

  • 任意の予防接種代金
    妊娠に向けての風疹の予防接種、インフルエンザ、お子さんのロタウィルスの予防接種など。
  • 妊娠検査薬
    妊娠検査薬は認められていません。
  • ビタミン剤・サプリメント・栄養ドリンク(市販)
    ビタミン剤などは認められません。
  • 個室費用(差額ベッド代)
    自分で希望した場合は認められません。
  • 入院中の家族の食事代
    お子さん連れで入院した場合など家族の食事が必要になることもありますが、認められていません。

予防接種が認められないのは驚きですよね。

医療費控除の対象と思っている方も多いと思います。

 

「医薬品」の医療費控除について

医薬品についての医療費控除についてご説明します。

  • カゼ薬・頭痛薬
  • 胃腸薬
  • 目薬
  • 花粉症などのアレルギー薬
  • 医薬品のハンドクリーム
  • 葛根湯などの一部の漢方薬

これらは、ドラッグストア等で市販されているものでも医療費として認められます。

ただし、不自然に大量購入をしている場合や、一般的ではない高額な薬については場合によっては認められないことがあります。

「医薬品」と表示されているものを、何かの治療目的で買うなら大丈夫ということですね。

上記で言えば、アレルギー薬は購入の目的が「花粉症などのアレルギーの治療」の場合は可で、「アレルギーの予防」の場合は不可なのだそうです。

そして以上の医薬品は、薬局のレシートや領収書があればOKです。

ですので、医療費控除を予定されている方は、年末に常備薬を買いだめしておくのがおすすめです。

他にも、親しらずの抜歯費用や発育段階の子の歯列矯正費用なんかも医療費控除の対象となります。

 

新たに創設されたセルフメディケーション税制(スイッチOTC薬購入)の所得控除

医療費控除について知っておきたいこととして、2017年1月1日から、特定の医薬品購入に対する新しい税制「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりました。

これは、きちんと健康診断などを受けている人が、医療用から転じた「スイッチOTC医薬品」の購入金額が年間1万2000円を超えると所得控除を受けられるというものです。

従来の医療費控除は10万円(総所得が200万円未満の場合はその5%)超なので、少額からでも控除が受けられるようになるんです。

ちなみに、スイッチOTC薬と『もともと医療用で使われていた効き目の強い薬ですが、安全性などの確認がされたことにより、処方箋がなくてもドラッグストアで購入できるようになった医薬品』のことをいいます。

具体的には、ロキソニンS、エスタック鼻炎24、ガスター10、イノセアバランスなどがあります。

もし、妊婦検診などでの年間の医療費が10万円にいかないな…という方はこの辺りもチェックしてみるといいと思います。

詳しくは国税庁HPをご参照ください。

 

医療費控除での領収書について

医療費控除には領収書があることが前提です。

妊娠・出産にかかる費用においてももちろんそうですので、領収書はしっかり保管しておきましょう!

保管するだけしておいて、後から医療費控除の対象となるかそうでないか選別したらいいんです。

とりあえず、領収書の保管をすることが大切です!

私は、病院の領収書を1枚または複数枚をA4の紙にのり付けしてそれをまとめて整理・保管しています。

病院の領収書って、大きさが決まっていないのでバラバラですよね。

クリアファイルなどに保管していても、なんとなく無くしてしまいそうでこの方法で保管するようになりました。

もしe-TAXで申請する方は、税務署の人に領収書を見せる機会もないのでご自分の管理しやすいように領収書を保管していいと思います。(e-TAXは領収書の提出を省略できる)

持参提出の方は、領収証はチェックされるので見やすくA4の紙に貼るのもありだと思います。

 

領収書はコピーでもいいの?

医療費控除で提出する領収書は、原本でなければなりません。

コピーは何度も不正に領収書を利用することを防止する目的から、原則として認められていないのだそう。

原本提出が義務付けられていますが、どうしても領収書を手元に残しておきたい場合は返却してもらうことができるようです。

その際は、税務署に確認してみましょう。

 

領収書をなくしてしまった場合の対処法

通院したのに、領収書がなくなってしまったということもありますよね。

(病院によっては領収書を紛失してしまった場合でも再発行をしてもらえる場合もあります。)

その場合はしっかりと帳簿をつけていたり、通院を証明する記録が残っていれば確定申告で医療費控除を認めてもらえる場合があるとのことです。

また領収書をなくした場合とは少しケースが違いますが、公共の交通機関を使用した場合の通院費はたいてい領収書が残りませんよね。

その場合、たとえば通院履歴と照合できる一覧表を添付したり、家計簿などに記録するなどして実際にかかった費用について明確に説明できるようにしておけばいいとのことです。

日頃から記録をするようにするのも大事ということですね(*´ω`)

 

妊娠・出産・退院が年をまたいだときは要注意!

医療費控除の対象となるのは、その年に支払ったものに限られるという基準があることに注意しておきましょう。

例えば、問題となるのは『年末に出産して年明けに退院となり、入院代金の支払いを退院時にまとめて支払った場合』等です。

この場合、妊娠中の妊婦検診費用などは前年分ですが、分娩費用および入院代金は退院した年の分になります。

 

妊婦健診は医療費控除?妊娠・出産の医療費控除になるものまとめ

妊婦健診は医療費控除になるのかといったことや領収書について等、医療費控除についていろいろと書いてきました。

今回の記事では、管理人が税務署の電話相談センターに問い合わせた結果や国税庁HPで調べた内容をもとに書いています。

気を付けて調べましたが、やはり税務署ごと・その担当の職員さんごとに判断の異なる場合もあるようです。

ネット上では「やむを得なくて個室だったのに、差額ベッド代は認めてもらえなかった」といった意見もありました。

ですので内容は参考程度にとどめていただき、疑問がある方はぜひ最寄りの税務署にご相談いただけたらと思います。

最寄の税務署はこちらから検索できます。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^^*)



スポンサーリンク

 

 

-医療費控除と確定申告
-,

Copyright© さくらリブレリア , 2017 AllRights Reserved.